No28メルマガ/4.ARROWS🏹2022年09月号

今年の夏は暑かったですね。夏場は雑草がすくすく伸びて2週間もするとまた草だらけになって本当に大変でした。夏場はジャガイモ、ナス、トマト、キュウリ、西瓜はとても豊作でしたが、暑すぎて苗が枯れてしまったものもありました!秋は葉物(レタス、リーフレタス、白菜)を栽培中です。気になる人はいつでも見学に来てください。

特定技能1号 職種別資格試験免除を検討!

政府が検討を進めていた外国人就労拡大のための在留資格「特定技能」について、改善案の全容が、政府関係者への取材で分かったとのことです。これまで試験合格者にしか就労を認めてこなかった宿泊・漁業・飲食料品製造業分野で、技術を学ぶために来日している技能実習生を試験免除で可能とするほか、新型コロナウイルスで需要が高まった飲食料品製造業での受け入れ人数をこれまでの2・6倍に増やすなど受け入れ人数し、近く閣議決定する見通しです。

宿泊、漁業に加えて飲食料品製造業の分野ではこれまで、国が指定した技能試験の合格者にしか就労を認めてこなかったが、産経新聞が入手した制度の運用方針の改善案によると、今後は技能実習生のうち、入国2、3年目の「技能実習2号」の修了者について、試験免除で特定技能の在留資格に円滑に移行できるようにする。

「屋根ふき」「とび」など19の業務に細分化していた建設分野の区分も再編し、「土木」「建築」「ライフライン・設備」の3区分とする。就労に必要な日本語試験は現在、指定された2種類のみだが、一定レベル以上であれば、別の試験も認める。

(産経新聞より)

 

 

第三弾10月値上げ ラッシュ商品 スーパーや飲食店など

今年に入って10月より早くも三回目になる商品の値上げ実施される、円安が加速し原材料価格などが高騰する中、食品メーカーの値上げが相次ぎ、飲食店や小売店などでも販売価格への転嫁の動きが広がっている。物価上昇は収まる気配をみせず、「値上げの秋」が家計を直撃する。ただ、もう一段の値上げ今年中に2万点以上がされて、消費マインドを冷え込ませる恐れがでている。スーパーや飲食店は「これ以上価格に反映するのは難しい」と頭を抱えています。(yahooニュースより)

宿泊業界では歓迎の声も!でも上限5万人では、、、

政府は1日当たりの入国者数上限を現行の2万人から5万人に引き上げるなど、政府の新型コロナウイルスの水際対策が今月7日に緩和されたことを受け、静岡県内の観光・宿泊事業者が訪日観光客の受け入れ準備を急いでいる。6月以降、添乗員付き団体旅行に限っていた訪日条件を解除するなど、一段強い観光振興に踏み切った政府の対応に、業界から歓迎の声が上がる一方、「感染拡大が続く日本で実需が伴うのか」と訪日客の早期回復に懐疑的な見方も根強い。円安の影響もプラスに働くことは間違いないが、中国なのでゼロコロナ政策の継続はまだすぐには、以前の回復には、まだまだもどれないでしょう。(静岡新聞より)

 

福岡の日本語学校を処分 留学生を鎖で拘束 入管庁

入管庁によると、福岡県の日本語学校で元職員が自ら着用するベルトと20代のベトナム人男性のベルトを南京錠が付いた鎖でつないで拘束するなどした。入管庁は「事案の悪質性や重大性を踏まえ、留学生の受け入れを認めておくことは適当でない」として行政処分を命令した。出入国在留管理庁は、福岡市の日本語学校が留学生を鎖で拘束するなどの人権侵害行為を行ったとして、今後5年間、「留学」の在留資格を持つ外国人の受け入れを認めない処分した。(時事通信社より)